top of page
  • dvas9900

Model1が無線と実験5月号に掲載されました

更新日:2023年4月20日

オーディオ技術系の専門誌として権威ある無線と実験誌の5月号、MJズームアップに弊社のModel1が掲載されました。





柴崎先生に解説を書いていただきましたが、微に入り細にいるその解説はModel1の特徴を余すことなく網羅されています。

また、柴崎先生は同号でDSオーディオの光カートリッジの技術説明と最新動向に関しても記述されておりますが、この内容が非常に素晴らしい!オーディオ技術に真に精通した柴崎先生ならではの、詳細なる説明は光カートリッジのバイブルとなりえるほどです。


また、試聴記事は柴崎先生と岩井先生に書いていただきました。

柴崎先生の試聴の際には私も同席させていただきましたが、先生の試聴機を読むと、自社の製品でありながら、ぜひとも聴いてみたい!と思えるような熱い試聴記を書いていただきました。また、様々なシーンでの描写を細かに説明いただいた岩井先生のクールな試聴記も読みごたえ十分です。




私は高校生の時に初めて金田先生のDCアンプの記事に魅せられ、以来、ずっと無線と実験を購読してきました。

たくさんのアンプ作家の先生が登場されましたが、私は特に金田先生、安井先生、佐久間先生のファンで、お三方の記事は何度も何度も読み返しては頭の中で鳴る美音に酔いしれておりました。


残念ながら、すでに安井先生、佐久間先生は故人となってしまいましたが、金田先生は今も凄いバイタリティで毎月のように誌面に登場されております。これからも斬新なDCアンプを発表していってほしいと切に願います。


また、無線と実験誌は技術オリエンテッドな内容でオーディオを扱う稀有な存在であり、私たちエンジニア目線からすると情報の宝庫であり、いたるところに製品開発のヒントがあります。


オーディオは科学技術の産物ですから、技術なくして成立しません。芸術的側面からのアプローチももちろん大切ですが、DVASは技術オリエンテッドでありたいと思っています。




閲覧数:88回

最新記事

すべて表示

analog誌Vol83にてModel1Bがアナロググランプリ2024を受賞しました!

アナログオーディオに特化した内容でオーディオファイルに親しまれているanalog誌Vol83にて、弊社のModel1Bがアナロググランプリ2024を受賞いたしました。 評論家の先生方はもちろん、一般の方にも聴いていただく機会の少ない「幻のような」DVAS Model1Bがこのような賞をいただくことが出来たのは非常に栄誉なことと嬉しく思っております。 このようなグランプリなり、ベストバイ的なイベント

光カートリッジに魅了された男たちPart2

ステレオサウンドオンラインで光カートリッジに魅了された男たちPart2がアップされました。 今回は上杉研究所の藤原さんとDSオーディオの青柳さんをDVAS本社にお招きして、実際の弊社のリファレンスサウンドを聴きながら、光カートリッジ、フォノイコライザー などについて熱く語るという内容です。 フォノイコライザー はもちろんDVAS Model1Bですが、今回は青柳さんにMaster3イコライザーを持

Comentarios


bottom of page