top of page
  • dvas9900

Astell&Kern KANN-MAX



秋のヘッドフォン祭り2023のためだけではなく、ヘッドホンシステム関連機器開発のリファレンスとして、Astell&KernのKANN MAXを導入しました。理想を言えばフラグシップのSP3000になるのでしょうが、DAPでありながら15Vrmsという尋常じゃない出力を実現しているKANN MAXに単純に興味があり、こちらを選択しました。


早速、マイクロSDに楽曲をインストールして、音を聴いてみました。


DVASの評価用ヘッドフォンの中ではインピーダンス的にも能率的にも一番厳しい水月雨のVENUSを鳴らしたのですが、いやあ、このDAP凄いですね。少なくとも音量的に物足りないようなことは全くありません。VENUSを軽々とドライブしてくれます。


Model2との直結使用でも素晴らしい音を提示してくれる。比べれば、AK100Ⅱとはかなり大きな差があります。まあ、デバイスの進化やブランドの成熟度を考えれば当然ですね。


LINE出力モードでも出力レベルが選べますから、パッシブプリを経由しても、アクティブプリを経由しても最適な出力レベルが得られます。非常に使い勝手の良いDAPですね。美しい外観や操作性も素晴らしく、さすがAstell&Kern、とても良いDAPだと思います。


インストールした楽曲は、できるだけバリエーションに富んだ楽曲を選びましたが、そこは個人の選択ゆえ、誰にでも刺さるわけではありません。ヘッドフォン祭りでは、ぜひ、勝負曲をインストールしたDAPやCD、SACDなどをお持ちいただき、Model2のサウンドをお楽しみいただければと思います。もちろん、ご愛用のヘッドフォン、イヤホンとの組み合わせ試聴も歓迎いたします。ただ、XLR4、またはXLR3×2、4.4mmバランス端子を有する機種に限定させていただきますので、ご了承ください。


当日使用する機器たち(Model2はもう一台、SACDプレーヤOPPO UDP205、さらにヘッドフォンもD8000とVENUSも用意します)です。


閲覧数:90回

最新記事

すべて表示

Model1B、期間限定展示中です!

オーディオユニオンお茶の水ハイエンド館にて、Model2につづき、Model1Bもお取り扱いいただけることになりました。さらに、現在、期間限定展示中です。 なかなか試聴いただける機会の少ないModel1Bですが、今回はソウルノートE2、DSオーディオ DS-W3EQと同時展示されており、比較試聴いただくことも可能です。 analog誌において2023年アナロググランプリを受賞したその実力を、この機

analog誌Vol83にてModel1Bがアナロググランプリ2024を受賞しました!

アナログオーディオに特化した内容でオーディオファイルに親しまれているanalog誌Vol83にて、弊社のModel1Bがアナロググランプリ2024を受賞いたしました。 評論家の先生方はもちろん、一般の方にも聴いていただく機会の少ない「幻のような」DVAS Model1Bがこのような賞をいただくことが出来たのは非常に栄誉なことと嬉しく思っております。 このようなグランプリなり、ベストバイ的なイベント

光カートリッジに魅了された男たちPart2

ステレオサウンドオンラインで光カートリッジに魅了された男たちPart2がアップされました。 今回は上杉研究所の藤原さんとDSオーディオの青柳さんをDVAS本社にお招きして、実際の弊社のリファレンスサウンドを聴きながら、光カートリッジ、フォノイコライザー などについて熱く語るという内容です。 フォノイコライザー はもちろんDVAS Model1Bですが、今回は青柳さんにMaster3イコライザーを持

Comments


bottom of page