top of page
  • dvas9900

Model1Bへのグレードアップをご依頼いただきました




シリアルナンバーSN01001のオーナー様からModel1Bへのグレードアップのご依頼をいただきました。


グレードアップに当たっては、オーナーのご使用状況を鑑み、最適と思われるご提案をこころがけています。要はなんでもかんでもModel1Bと同じになる、ということではありません。


例えば、今回のご提案ではメイン基板の交換、入力端子変更、XLR端子変更、機内配線材変更というご提案をしました。このオーナーはバランス出力以外はお使いにならないので、リアパネルの変更&RCA出力端子の追加はご提案していません。また、新規に設けたBASS機能はちゃんと動作しますが、フロントパネルの変更は不要とのことで、こちらも変更から除外しています。もちろん、RCA出力が主力というオーナーには、リアパネル変更+RCA出力端子追加というプランを提案いたします。


フロントパネル、リアパネルなども含めてModel1からModel1Bへの完全グレードアップをした場合、製品の差額をかなり越える費用が発生してしまうので、それは必ずしも現Model1のオーナ―にとって好ましいグレードアップとは言えないと思っており、ユーザーの実情にそった提案ができるのが小さなブランドのメリットだと思っています。

もちろん、完全グレードアップも可能ですので、そういうご希望があれば喜んで対応いたします。


もう一つ、Model1Bのリリース時に留意したことがあります。それはフロントパネルとリアパネルの型名のレーザー刻印です。フロントパネルでModel1Bとかの刻印があるとあからさまにModel1との差が目立つので、実はModel1Bはフロントもリアも刻印はModel1のままです。識別はシリアルナンバーでしか判別できません。もちろん、端子が違うので後ろから見ればわかるようになってはいます。これは、今後C型、D型、E型なんてものがリリースされたとしても、刻印はModel1のままであることを踏襲しようと思っています。


おかげさまで、Model1からModel1Bへのグレードアップはご好評いただいており、ほとんどのオーナーからグレードアップのご依頼をいただいております。

もちろん、最初からModel1Bを導入いただいたオーナーもおり、おかげさまで少しづつModel1Bのオーナーが増えております。




閲覧数:76回

最新記事

すべて表示

Model1B、期間限定展示中です!

オーディオユニオンお茶の水ハイエンド館にて、Model2につづき、Model1Bもお取り扱いいただけることになりました。さらに、現在、期間限定展示中です。 なかなか試聴いただける機会の少ないModel1Bですが、今回はソウルノートE2、DSオーディオ DS-W3EQと同時展示されており、比較試聴いただくことも可能です。 analog誌において2023年アナロググランプリを受賞したその実力を、この機

analog誌Vol83にてModel1Bがアナロググランプリ2024を受賞しました!

アナログオーディオに特化した内容でオーディオファイルに親しまれているanalog誌Vol83にて、弊社のModel1Bがアナロググランプリ2024を受賞いたしました。 評論家の先生方はもちろん、一般の方にも聴いていただく機会の少ない「幻のような」DVAS Model1Bがこのような賞をいただくことが出来たのは非常に栄誉なことと嬉しく思っております。 このようなグランプリなり、ベストバイ的なイベント

Comments


bottom of page