top of page
  • dvas9900

Face Book はじめました

なんか冷やし中華みたいですが(笑)


DVAS合同会社のFaceBookをはじめました。


https://www.facebook.com/profile.php?id=100090190540856


ブログでは技術的な話とか、製品のことなど業務に関連することを中心に書いていこうと思っています。FaceBookはもう少しざっくばらんに日々のこととか、最新情報などタイムリーな内容を中心として住みわけができればと思っています。


話変わって、遅ればせながら先日、Model1をPhilewebで取り上げてもらいました。



FaceBookではお知らせしていたのですが、肝心のブログへのアップが滞っておりました。まだまだ無名に近いブランドではありますが、とりあげていただき感謝しかありません。


お客様から点検&整備を依頼されているATCのスピーカ群ですが、SCM110A、SCM50A、SCM100ASLのすべての点検&整備を終えました。SCM110Aのミッドレンジですが、やはりボイスコイル(ボビン?)に不具合があったようで、イギリスから取り寄せたダイヤフラムASSYに交換したら、難なく歪が改善しました。イギリスの代理店としても、ダイヤフラムASSYは在庫限りの扱いで、それがなくなれば、正規代理店であるエレクトリ経由以外にメンテナンスはできなくなります。


あらためてATCのスピーカを使ってみて、これは非常に素晴らしいスピーカであると再認識しました。やはり、アクティブ型に一層の魅力があると思えます。新規にATCのスピーカユニットだけを購入することが出来なくなるのは非常に残念です。



閲覧数:92回

最新記事

すべて表示

analog誌Vol83にてModel1Bがアナロググランプリ2024を受賞しました!

アナログオーディオに特化した内容でオーディオファイルに親しまれているanalog誌Vol83にて、弊社のModel1Bがアナロググランプリ2024を受賞いたしました。 評論家の先生方はもちろん、一般の方にも聴いていただく機会の少ない「幻のような」DVAS Model1Bがこのような賞をいただくことが出来たのは非常に栄誉なことと嬉しく思っております。 このようなグランプリなり、ベストバイ的なイベント

光カートリッジに魅了された男たちPart2

ステレオサウンドオンラインで光カートリッジに魅了された男たちPart2がアップされました。 今回は上杉研究所の藤原さんとDSオーディオの青柳さんをDVAS本社にお招きして、実際の弊社のリファレンスサウンドを聴きながら、光カートリッジ、フォノイコライザー などについて熱く語るという内容です。 フォノイコライザー はもちろんDVAS Model1Bですが、今回は青柳さんにMaster3イコライザーを持

Comments


bottom of page