top of page
  • dvas9900

秋のヘッドフォン祭りデモ機変更のお知らせ

今回はお詫びのご連絡となります。


前回、Model1、Model2、そして試作プリアンプを含めてLPレコード再生システムとデジタルディスク再生システムを展示するとごブログに書きました。しかし、残念ながら諸般の事情によりLPレコード再生システムの展示を断念することといたしました。


現在、考えているのは下記のシステムです。


システム1

CD/SACDプレーヤ  OPPO UDP205

プリアンプ     DVAS 試作プリアンプ

ヘッドホンアンプ  DVAS Model2


システム2

ソース機器     Astell&Kern AK100Ⅱ(機種変更検討中)

プリアンプ     DVAS 試作パッシブプリ

ヘッドホンアンプ  DVAS Model2


結果的にデジタルソースのみのデモとなります。システム2のDAPは少々古い製品でパフォーマンス的にも現代の最新型に比べれば劣ると思われますので、現行品へのリプレースを検討中です。

変換ケーブルによる3.5mmアンバランスと4.4mmバランスとの接続には対応しますので、お客様のご愛用のDAPと組み合わせて聴いてただくことは、もちろん可能です。


事前にフジヤAVICのイベントバナーでヘッドホンで聴くLPの素晴らしさをご体感くださいと発表しましたが、LP再生システムの再生が出来なくなったこと、あらためてお詫びいたします。


今回の展示で最優先したのは、お二人同時に試聴いただく環境の構築です。一方はLP再生、一方はデジタルメディア再生と当初考えておりました。しかし、アナログ&デジタル再生をデモするにはDVASのアンプはあまりにも重すぎました。Model1やレコードプレーヤなどを含めた全重量を勘案すると、展示ブースの会議用テーブルの耐荷重では不安がありました。そのためアナログ&デジタル再生を断念せざるを得なかったのです。万一事故などが起きた場合、お客様をはじめ主催者であるフジヤAVIC様にもご迷惑をかけることとなり、それは弊社の本意とするところではございません。


よって、システムの軽量化を実現しつつ、Model2のユースケースを具体的に提示できる展示方法として、今回の二つのシステムを展示させていただくことにしました。


光カートリッジ+Model1のによるアナログサウンドをご体感いただけないのは、非常に残念ではありますが、安全面を優先したためとご理解ください。


光カートリッジ+Model1によるアナログ再生は、ぜひ、弊社試聴室にてご体感ください。


また、デモ用機材に関しては展示会直前での変更もございますので、変更が発生した段階で随時お知らせいたします。

閲覧数:73回

最新記事

すべて表示

analog誌Vol83にてModel1Bがアナロググランプリ2024を受賞しました!

アナログオーディオに特化した内容でオーディオファイルに親しまれているanalog誌Vol83にて、弊社のModel1Bがアナロググランプリ2024を受賞いたしました。 評論家の先生方はもちろん、一般の方にも聴いていただく機会の少ない「幻のような」DVAS Model1Bがこのような賞をいただくことが出来たのは非常に栄誉なことと嬉しく思っております。 このようなグランプリなり、ベストバイ的なイベント

光カートリッジに魅了された男たちPart2

ステレオサウンドオンラインで光カートリッジに魅了された男たちPart2がアップされました。 今回は上杉研究所の藤原さんとDSオーディオの青柳さんをDVAS本社にお招きして、実際の弊社のリファレンスサウンドを聴きながら、光カートリッジ、フォノイコライザー などについて熱く語るという内容です。 フォノイコライザー はもちろんDVAS Model1Bですが、今回は青柳さんにMaster3イコライザーを持

Comments


bottom of page