top of page
  • dvas9900

奈良のK様宅にDVAS Model2を納品しました



昨日は奈良県にお住いのK様のご自宅に、Model2を納品させていただきました。


K様からある日、Model2の購入を考えているとお問い合わせの連絡をいただきました。

てっきり、音展かMJフェスティバルで実機に触れたことのある方と思っていたのですが、そうではありませんでした。K様はもともとヘッドホンの愛好家でもあり、きちんとしたヘッドホンアンプも導入されてヘッドホンを楽しんでいます。弊社を知ったのはネットサーフィンをしていて偶然知ったそうです。関東近県にお住まいであれば、持ち込み試聴デモをさせていただくことを申し出ましたが、Kさんのお住まいは奈良県とのこと。さすがに距離があり費用面も含めて簡単に対応できません。そのあたりを正直にお話するとK様は


「私の直感を信じてオーダーします」


とご連絡をくれました。その翌日にはModel2の代金を銀行に振り込んでくださったのです。これには私の方が驚きました。安価な機器であれば、私自身もそういう自分の直感だけを信じたオーダーをしたことがありますが、Model2は安価なアンプではありません。しかも、レビューや商品情報も少なく、弊社のホームページやブログくらいしか情報源がありません。ある意味、リスクの大きな賭けともいえますが、K様に不安はなかったそうです。

K様のModel2は途中納品されたパーツの不備などがあり、納品できる状態になるまで一か月半ほどかかりました。

納品にあたっては、ぜひ、直接お届けしたいと思い訪問可能な日程を調整いただき、昨日がその納品の日となりました。

DVAS本社からK様のご自宅までは500km以上の道のりがあります。全行程がほとんど高速道路ですが、移動には7時間近くかかります。朝の6時に本社を出て、途中休みながら移動し、K様のご自宅近くに到着したのは12:30を過ぎていました。

約束の時間にK様のご自宅に伺い、ご挨拶のあと、セッティングさせていただきました。


K様はヘッドホンを愛好していますが、スピーカオーディオももちろん楽しまれています。現在のメインスピーカはエレクトロボイスのアリストクラットにELACのリボンツィータを追加したシステムで、これをアキュフェーズとマッキントッシュのアンプで駆動しています。アンプのトーンコントロールやプリとパワー間に挿入したムジカのパラメなどを積極的に活用して、ご自身のサウンドを作り上げています。事前に送っていただいた装置の写真では部屋の一角しかわからなかったのですが、周りを見渡すとヤマハC2、マッキントッシュC40、アキュフェーズC240などが何気に置いてあります。目の前にある装置だけで推し量れるような方ではないと直感しました。


セッティングが終わり、早速、Model2を組み込んだサウンドを聴いていただきました。ヘッドホンは長年愛用しているAKG K1000です。


しばしの試聴の後、Kさんがにっこりとほほ笑んでくれました。「素晴らしいです!」この一言がいただければ、長距離を走って来た疲れも吹き飛びます。

Kさんが選んだ試聴曲は綾香、岩崎宏美、斉藤由貴、坪倉惟子、椎名林檎、カーペンターズなどなど、私にもとても馴染のある楽曲ばかりで、どうやら、音楽の趣向が私と近似性の高い方だということがわかりました。途中、私もカーペンターズのThis Masqaerdeを聴かせていただきました。AKG K1000はほぼ初めて聴くヘッドホンでしたが、あまりの素晴らしさにびっくりしまし


た。先日私が導入した現代版K1000ともいえるMyspher3.2の影が薄くなります。


その後、いろいろなお話をさせていただきました。予想どおり、バックヤードにはおびただしいオーディオ機器たちが控えているそうで、いずれそれらにも活躍の場をあたえたいと考えているそうです。Model2の導入にあたり、K様に不安がなかったのは、おびただしい数のオーディオ機器を実際に購入し、使ってきた、そういう経験と審美眼があったからだと納得がいきました。


今回は来週末のヘッドフォン祭りに来られないK様に、せめて同じラインナップの音も聴いていただこうと、試作プリも試聴いただきました。


その後、JR奈良駅近くのKさんの馴染のお店で一献傾けさせていただき、奈良の夜は更けていきました。


K様、あらためまして、お買い上げありがとうございました!


閲覧数:399回

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page