top of page
  • dvas9900

デモ用パッシブプリ



秋のヘッドフォン祭り2023で使用するパッシブプリが出来ました。


入力はRCAとXLRの切替(同時接続NG)で出力はXLRです。


展示会専用なので、商品化の予定とかはありません。システム全体の軽量化のために急遽つくったというのが本音です。ボリュームには東京光音電波のアッテネータタイプのCP2511シリーズを使用しています。ツマミは試作プリ同様、マークレビンソンのJC2のつまみを借用してきました(笑)


パッシブプリと言っていますが、要はアッテネータBOXです。アンプが入っているわけではないので、プリという呼称にはちょっと違和感がありますが、、、


私は自分のシステムにこういうアッテネータをプリアンプの代わりに組み込んだ経験はなく、このデモ機もModel2と組み合わせて、最低限の機能を実現することを目的として作りました。なんと言ってもセレクターもありませんので、我が家のシステムのプリの代わりにはなりません。


展示会では前段のDAPをラインレベルで取り出し、このアッテネータで音量調整をしてModel2に入力します。先日、AK100Ⅱと直結して、内蔵の電子ボリュームを調整するだけで十分な音量が取り出せることを確認していますので、最小限のシステムはDAP+Model2ということになります。もちろん、そういう聴き方にも対応するようセットアップしておきます。


ヘッドホンオーディオではなくスピーカオーディオの話になりますが、かつてCDが登場したタイミングから少し遅れて、各社からセレクターとアッテネータという機能を持つ製品が少なからずリリースされました。CDの出力レベルが大きく、プリアンプにゲインがなくてもほとんどのパワーアンプでフルパワーをだせたからです。プリアンプ不要論が出てきたのもこの時代ですね。アンプも電源もなければ音が良いに違いないとうことで、そういう製品が出てきたのですが、結果的に必ずしもそうではなかった。ケースバイケースであることを前提に、やはりソース機器の出力インピーダンスにくらべて、抵抗式アッテネータBOXの出力インピーダンスがほとんどの場合、高くなってしまうことが課題だったのだと思います。


とはいえ、実際に使ってみるとこれならではの良さもあり、Model2のユースケースとして提示させていただく意義があると感じました。


秋のヘッドフォン祭り2023の会場でご確認ください。


閲覧数:64回

最新記事

すべて表示

analog誌Vol83にてModel1Bがアナロググランプリ2024を受賞しました!

アナログオーディオに特化した内容でオーディオファイルに親しまれているanalog誌Vol83にて、弊社のModel1Bがアナロググランプリ2024を受賞いたしました。 評論家の先生方はもちろん、一般の方にも聴いていただく機会の少ない「幻のような」DVAS Model1Bがこのような賞をいただくことが出来たのは非常に栄誉なことと嬉しく思っております。 このようなグランプリなり、ベストバイ的なイベント

光カートリッジに魅了された男たちPart2

ステレオサウンドオンラインで光カートリッジに魅了された男たちPart2がアップされました。 今回は上杉研究所の藤原さんとDSオーディオの青柳さんをDVAS本社にお招きして、実際の弊社のリファレンスサウンドを聴きながら、光カートリッジ、フォノイコライザー などについて熱く語るという内容です。 フォノイコライザー はもちろんDVAS Model1Bですが、今回は青柳さんにMaster3イコライザーを持

Comments


bottom of page